「時々入院、ほぼ在宅」という時代が、目の前に迫っています。
病気を抱えながらも、病院ではなく生活の場で、
必要な医療と介護サービスを受けながら、日々を送る。
今までと違う仕組みのなかで、病気を抱えた人も、その家族も、安心して暮らしていけるのか・・・。

そうした不安を取り除いてくれるのが、看護師です。
看護師は、常に「人」に寄り添い、「人」を理解し、必要な医療へと繋ぐプロフェッショナル。
看護師が「要」となれば、生活と医療が結ばれます。

これから先の、人々の「ずっと安心」を守るために。
看護を生活のなかへ、地域のなかへ。

NPO法人〈看護の広場〉は、皆さんと一緒に考え、行動していきます。